Windows Updateの詳細設定の変更に関する完全なガイド(Windows 10)

選択ごとにWindows Update設定を設定する

Windows 10では、更新プログラムは、バグ、脆弱性を修正するメカニズム、または最新のセキュリティパッチのダウンロードとインストールによる全体的なエクスペリエンスを改善するメカニズムを提供します。 Microsoftは、Officeやオペレーティングシステムなどの多くの製品にこのメカニズムを提供しています。

更新は自動的に行われるため、設定を調整する必要はありませんが、Windows Updateのほとんどを入手できるように、OSを適切に設定する必要があります。下記のWindows 10でWindows Updateの詳細設定を構成する方法について説明します。

Windows 10でWindows Update設定を変更する手順

次の手順を使用して、Windows Update設定を調整します。

  • 設定を開く
  • [更新とセキュリティ]> [Windows Update]> [詳細オプション]をクリックします

[詳細設定]ページでは、希望に応じて設定するさまざまなオプションが提供されます。これらのオプションは次のとおりです。

  • Windowsの更新時に他のMicrosoft製品の更新を受信-Windows更新を使用して、他のMicrosoft製品から受信した更新に対してこのオプションをオンにすることができます。
  • 従量制接続経由でアップデートをダウンロード:モバイルに十分なデータがあり、アップデートが緊急の場合は、このオプションを有効にできます
  • アップデートをインストールするために再起動が繰り返されたら、できるだけ早くデバイスを再起動します。このオプションをオフにして、コンピューターをアクティブに使用しているときに誤って再起動しないようにします
  • PCの更新を完了するために再起動が必要なときに通知を表示する:このスイッチをオンにすると、更新プロセスの完了時に必要なときにPCが自動的に再起動します。
  • 更新の一時停止:ドロップダウンメニューを使用して、更新がデバイスに最大35日間インストールされるのを防ぐことができます

システムの[詳細設定]オプションで変更を指定すると、システムはそれに応じて更新され、動作します。