Windows 10 2009がエンタープライズ向けにテスト用にリリース

現在のレポートによると、Windows 10 2009アップデートまたはWindows 10 20H2はほぼ準備が整っており、その最新バージョンはWindows Server Update Service(WSUS)を介してテストするために企業にリリースされています。

Windows 10 1909と比較して、新しいWindows 10 2009は、Windows 10 2004で休止状態になるさまざまな機能をオンにすることができるフルアップデートとしてリリースされています。

この更新プログラムのインストールプロセスでは、最小限のインストールと少ない帯域幅を必要とする非常に簡単で高速なプロセスを利用できます。

これも、Windows 10 2004向けにリリースされるすべての将来の累積的な更新プログラムが、同じコードベースを最小限の違いで共有しているため、この新しいバージョンにも適用できることを示しています。

Enterprise Editionを使用していて、この新しいビルドのテストに関心があるユーザーのために、MicrosoftはWSUSでWindows 10 20H2をフル機能の更新と有効化の更新の両方として有効にしました。

つまり、WSUSを使用して更新を管理している場合は、完全な機能の更新を取得するか、有効化パッケージをテストできる更新のみを取得するかを選択できます。 WSUSを介したWindows更新プログラムのプレリリースで行われる他のすべての検証と同様に、関心を持つユーザーは、Windows Insider Previewカテゴリを確認したかどうかを確認する必要があります。

システムが同期されると、ユーザーは完全なWindows 10 20H2 Insiderビルドをインストールするオプション、または有効化パッケージをダウンロードしてインストールするオプションさえも見ることができます。

以前のバージョンのWindows 10 2004アップデートとは異なり、これは実際には多くの新しく追加された機能を備えた大規模なアップデートでしたが、この新しいバージョンはサービスパックのようなものです。明らかに、これによっていくつかの新機能も追加されます。

Windows 10 2009 Updateで新しく追加された機能には、テーマ対応のスタートメニュー、新しいMS Edge、最新のデバイス管理などがあります。