See_read_me ransomwareの削除:ウイルス除去ガイド

無料のスキャナーで試して、システムがSee_read_me ransomwareに感染しているかどうかを確認してください

必ずSpyHunterのEULA脅威評価基準およびプライバシーポリシーをお読みください。 Spyhunter. ここでダウンロードしたスキャナーは無料バージョンで、システムをスキャンして脅威の存在を確認できます。 ただし、検出された脅威を無料で削除するには48時間かかります。 その期間を待たない場合は、ライセンス版を購入する必要があります。

AdhubllkaCrytomalwareファミリーの新株であるSee_read_me ransomwareが発見されました

See_read_me ransomwareは、ランサムウェアとして分類される新しい感染性オブジェクトであると言われています。ほとんどの場合、この種のマルウェアはシステムに侵入し、そこですべてのファイルを暗号化します。これは、ユーザーが自分のファイルにアクセスできなくなることを意味します。そして後で、それらの犠牲者は彼らのファイルを復元させるために犯罪者に多額の身代金を支払うように求められます。実際、犯罪者は身代金の支払いに反対する有効な暗号化キーとツールを提供すると主張しています。また、このツールは、ユーザーが暗号化されたデータにアクセスできるようにするのに技術的に役立ちます。

See_read_me ransomwareについて詳しく言えば、このウイルスは主に2つの暗号化メカニズムを使用してファイルをロックします。AES暗号化とRSA暗号化です。これらのアルゴリズムの助けを借りて、ファイルは実際に暗号化され、アクセスするには一意のキーが必要です。さらに、See_read_me ransomwareは、.Merinとして表示される独自の拡張子を使用してこれらのファイルを追加するためにも使用します。このような奇妙な拡張子があると、影響を受けるファイルは通常のようには開かないことは明らかですが、テキストファイルベースの身代金メモを実行します。テキストファイルは、実際には、犯罪者に連絡して詳細情報を探すようにユーザーに指示を表示するために使用されます。このファイルの名前はMERIN-DECRYPTING.txtで、感染したすべてのディレクトリとコンピュータのデスクトップに展開されます。

前述の身代金メモを通じてユーザーに表示されるメモの内容は次のとおりです。

Attention!

All your files, documents, photos, databases and other important files are encrypted

The only method of recovering files is to purchase an unique decryptor. Only we can give you this decryptor and only we can recover your files.

The server with your decryptor is in a closed network TOR. You can get there by the following ways:
———————–

1. Download Tor browser – hxxps://www.torproject.org/
2. Install Tor browser
3. Open Tor Browser
4. Open link in TOR browser: hxxp://alcx6zctcmhmn3kx.onion/?MDVWDPGI
5. Follow the instructions on this page

———————–

On our page you will see instructions on payment and get the opportunity to decrypt 1 file for free.

Alternate communication channel here: hxxp://helpqvrg3cc5mvb3.onion/

明らかに、ユーザーには、ファイルが身代金メモを通じてSee_read_me ransomwareによって暗号化されていることが通知されます。さらに、特定の金額を支払うのではなく、復号化ツールを選択するように指示されます。合計はビットコイン暗号通貨で支払うことさえ要求されますが、これは実際にはハッカーの身元を慎重に保つためのトリックです。被害者は基本的に、犯罪者とのさらなるコミュニケーションのために[email protected]または他の2人に電子メールを送信するように求められます。しかし、要求された身代金を支払うことは本当に価値があります。この記事をさらに読み続けて、脅威に関する詳細情報を抽出してください。

脅威の概要

名前:See_read_me ransomware
タイプ:ランサムウェア、データロックの脅威
株:Adhubllkaランサムウェア
暗号化タイプ:RSA&AESハイブリッド
追加された拡張子:.Merin
ファイルの回復:ファイルを復元するには、独自のバックアップファイルまたは代替のデータ回復手段を試してください。
脅威の除去:See_read_me ransomwareを削除する詳細な手順については、この記事のガイドラインを確認して従ってください。

マルスパムキャンペーンは主にランサムウェアコードをもたらします

ほとんどのランサムウェアIDと同様に、See_read_me ransomwareは主にスパムキャンペーンを通じて世界中に広まっています。このような場合、受信者は電子メールで添付ファイルを開く/実行するか、リンクをクリックします。これにより、マルウェアがさらに実行されます。これらのファイルは、主に請求書や領収書などのように見せかけています。ただし、このようなオブジェクトには、ローカルマシンをリモートサーバーに接続するためにバックグラウンドで実行されるマルウェアソースコードが埋め込まれています。したがって、ランサムウェアファイルは密かにダウンロードされ、インストールされて組み込みモジュールを実行します。後で、上記のすべての条件が画面に表示され、被害者は身代金を支払うように求められます。

身代金を払うべきですか?

ファイルがSee_read_me ransomwareによって暗号化された場合、身代金メモで説明されていることを信じてはいけません。ただし、有効な復号化ツールとキーがないとファイルを復元できないのは事実です。しかし、そのような高額の身代金を支払うことは、完全なファイルの回復を保証するものではありません。むしろ、ユーザーはSee_read_me ransomwareを削除するか、ファイルを復元するための代替オプションを選択する必要があります。専門家によると、身代金を送金することは完全に禁止されています。これは、犯罪者がランサムウェアプロジェクトに権限を与えることを奨励するだけでなく、脅威とファイルの回復に対処するための提案されていない方法と見なされます。

この記事で説明する手順には、すべての悪意のあるエントリとともにSee_read_me ransomwareを手動で削除するための非常に多くの手順が含まれています。さらに、ファイルを復元するには、独自のバックアップまたは代替のデータ復旧ソースを使用する必要があります。詳細については、セクションをさらに確認してください。

暗号化されたファイルをマシンに復元するには、提案されたデータ復旧アプリで試して、ファイルの復元に役立つかどうかを確認できます。

[ヒントとコツ]

  • See_read_me ransomwareと関連コンポーネントを削除する方法?
  • そして、ランサムウェアによって暗号化されたファイルを回復する方法は?

See_read_me ransomwareのようなランサムウェアウイルスは、マシンに保存されているすべてのタイプのファイルを暗号化し、それらにアクセスできなくなることは明らかです。完全な暗号化プロセスの後、偽のデータ復旧サービスを提供することで金銭的利益を生み出そうとします。データ回復のためにサイバー犯罪者に要求された恐喝金を支払うことは良くありません。ファイルの復元に関連する偽のサービスにお金と時間を無駄にしないでください。私たちはあなたに彼らの偽りのサービスを避け、彼らに恐喝金を支払うのをやめることを勧めました。解決策としてさまざまな手順を実行する前に、ファイルのバックアップなどの特定の手順を実行する必要があります。以下の手順を簡単に実行できるように、この手順のページが常に開いていることを確認してください。

手順1:See_read_me ransomwareをシステムから手動で削除する

手順2:See_read_me ransomwareとすべての関連コンポーネントをコンピューターから自動的に削除する

手順3:See_read_me ransomwareで暗号化されたファイルを復元する方法

私たちの簡単なソリューションでコンピューターからSee_read_me ransomware関連コンポーネントを削除することが可能です。これを行うには、ランサムウェアを削除する方法が2つあります。つまり、手動と自動の方法です。手動による方法について説明する場合、プロセスにはさまざまな除去手順が含まれ、技術的な専門知識が必要です。マルウェアを手動で削除する方法は時間のかかるプロセスであり、手順の実装に誤りがあった場合は、コンピューターにいくつかの他の損害をもたらします。したがって、手動のプロセスを慎重に実行する必要があります。それができない場合は、プロセスを完了すると、自動で解決できます。これらの方法を使用してランサムウェアを削除したら、3番目の手順、つまりデータ復旧手順に進むことができます。

手順1See_read_me ransomwareをシステムから手動で削除する

方法1:セーフモードでPCを再起動します

方法2:タスクマネージャーからSee_read_me ransomware関連のプロセスを削除する

方法3:See_read_me ransomware悪意のあるレジストリを削除する

方法1:セーフモードでPCを再起動します

ステップ1:キーボードから「Windows + R」キーを押して「実行」ウィンドウを開く

ステップ2:「実行」ウィンドウで、「msconfig」と入力して「Enter」キーを押す必要があります

ステップ3:次に、「Boot」タブと「Safe Boot」を選択します

ステップ4:「適用」と「OK」をクリックします

方法2:タスクマネージャーからSee_read_me ransomware関連のプロセスを削除する

手順1:「CTRL + ESC + SHIFT」を完全に押して「タスクマネージャ」を開く

ステップ2:「タスクマネージャー」ウィンドウで「詳細」タブを見つけ、See_read_me ransomwareに関連するすべての悪意のあるプロセスを検索します。

手順3:右クリックしてプロセスを終了します

方法3:See_read_me ransomware悪意のあるレジストリを削除する

ステップ1:キーボードから「Windows + R」キーを押して「実行」ダイアログボックスを開く

ステップ2:テキストボックスに「regedit」コマンドを入力し、「Enter」キーを押します

ステップ3:次に、「CTRL + F」キーを押して、See_read_me ransomwareまたはマルウェアに関連付けられた悪質な実行可能ファイルのファイル名を入力します。通常、このような疑わしいファイルは「%AppData%、%Temp%、%Local%、%Roaming%、%SystemDrive%などにあります。

ステップ4:値を右クリックして、悪意のあるファイルのデータを確認する必要があります。 「Run」または「RunOnce」サブキーでそのような疑わしいレジストリオブジェクトをすべて検出し、それらを削除します。

手順2See_read_me ransomwareとすべての関連コンポーネントをコンピューターから自動的に削除する

いくつかの方法を使用して手動でSee_read_me ransomwareを削除する方法についてはすでに説明しました。技術的なスキルとPCの要件に応じて、任意の方法を選択できます。技術者以外のユーザーは、これらの手順を完全に実装して自動ソリューションに移行することが難しい場合があります。 See_read_me ransomwareとすべての関連コンポーネントを削除するには、マルウェアの自動削除方法を使用できます。 See_read_me ransomware、不要なレジストリエントリなどに関連するすべてのコンポーネントを削除する機能を持つ強力なツールが必要です。

ここでは、アドウェア、不審なプログラム(PUP)、ルートキット、ブラウザハイジャッカー、トロイの木馬ウイルス、バックドア、ランサムウェアなど、あらゆる種類のマルウェアを検出して削除するように設計された「SpyHunter」アンチウイルスソフトウェアについて説明します。 「SpyHunter」セキュリティアプリケーションは、高度なスキャンメカニズムでウイルスをすばやく特定する強力なマルウェア対策ソフトウェアです。あらゆるタイプのマルウェアの検索に役立つ拡張マルチレイヤープロセスが組み込まれています。スキャンプロセス中にSee_read_me ransomwareおよびその他の関連ウイルスを削除するための解決策を探している場合は、すぐに削除することをお勧めします。

「SpyHunter」セキュリティソフトウェアをダウンロード/インストールして使用する方法

ステップ1:最初に、「ダウンロード」ボタンをクリックして「SpyHunter」ページに移動する必要があります

無料のスキャナーで試して、システムがSee_read_me ransomwareに感染しているかどうかを確認してください

必ずSpyHunterのEULA脅威評価基準およびプライバシーポリシーをお読みください。 Spyhunter. ここでダウンロードしたスキャナーは無料バージョンで、システムをスキャンして脅威の存在を確認できます。 ただし、検出された脅威を無料で削除するには48時間かかります。 その期間を待たない場合は、ライセンス版を購入する必要があります。

ステップ2:ダウンロード後、「インストーラー」ファイルをダブルクリックしてこのプログラムをシステムにインストールします

ステップ3:インストールプロセスが完了したら、SpyHunterアプリケーションを開き、[今すぐスキャンを開始]ボタンをクリックしてスキャンプロセスを開始します。初めて、「フルスキャン」オプションを選択する必要があります

ステップ4:次に、「スキャン結果の表示」をクリックして、検出された脅威または感染のリストを表示します

ステップ5:「次へ」ボタンをクリックしてソフトウェアを登録し、See_read_me ransomwareおよび関連する感染を発見した場合は永久に削除します。

手順3See_read_me ransomwareで暗号化されたファイルを復元する方法

方法1:「シャドウエクスプローラー」を使用してSee_read_me ransomwareで暗号化されたファイルを復元する

方法2:強力なデータ回復ソフトウェアを使用してSee_read_me ransomwareで暗号化されたファイルの回復

方法1:「シャドウエクスプローラー」を使用してSee_read_me ransomwareで暗号化されたファイルを復元する

「シャドウボリュームコピー」は、最近削除または破損したすべてのファイルとデータについて、OSによって短期間に作成される一時バックアップファイルです。 PCで「ファイル履歴」が有効になっている場合は、「シャドウエクスプローラー」を使用してデータを取得できます。高度なランソウマレウイルスについて話すとき、それは「シャドウボリュームコピー」を削除するだけでなく、管理コマンドの助けを借りてファイルやデータを回復することを防ぎます。

ステップ1:最初に、以下のリンクをクリックして「Shadow Explorer」をコンピューターにダウンロードする必要があります

https://www.shadowexplorer.com/uploads/ShadowExplorer-0.9-portable.zip

ステップ2:ファイルがダウンロードされた場所を参照します。

ステップ3:ZIPファイルをダブルクリックしてフォルダーを抽出します

ステップ4:クリックして「ShadowExplorerPortable」フォルダーを開き、ファイルをダブルクリックします。

ステップ5:要件に従って時間とデータを選択するために、ドロップダウンメニューが画面に表示されます。復元したいファイルを選択し、「エクスポート」ボタンをクリックします。

方法2:強力なデータ回復ソフトウェアを使用してSee_read_me ransomwareで暗号化されたファイルの回復

システムにランサムウェア攻撃がないこと、およびSee_read_me ransomwareに関連するすべてのファイルが正常に削除されていることを確認する必要があります。完了したら、データ回復ソリューションに行く必要があります。ランサムウェア関連のファイルを完全に削除したら、「Stellar Phoenix Data Recovery Software」を使用してファイルを取得できます。暗号化されたファイルを復元するには、以下の手順に従ってください。

「Stellar Phoenix Data Recovery Software」をダウンロード/インストールして使用する方法は?

ステップ1:最初に、ダウンロードボタンをクリックして、Stellar Phoenix Data Recoveryソフトウェアをコンピューターにダウンロードする必要があります

暗号化されたファイルをマシンに復元するには、提案されたデータ復旧アプリで試して、ファイルの復元に役立つかどうかを確認できます。

ステップ2:ダウンロードしたら、「インストーラーファイル」をダブルクリックしてインストールします

ステップ3:次に、「ライセンス契約ページ」の「同意する」をクリックし、「次へ」をクリックします

ステップ4:インストールプロセスが完了したら、アプリケーションを実行します。

ステップ5:新しいインターフェイスで、取得するファイルの種類を選択し、[次へ]ボタンを選択します

ステップ6:次に、ソフトウェアでスキャンする「ドライブ」を選択します。 「スキャン」ボタンをクリックします

ステップ7:プロセスが完了するまで待ちます。選択したドライブのサイズによっては、処理が完了するまでに時間がかかる場合があります。スキャンプロセスが完了すると、復元できるデータのプレビューが表示されたファイルエクスプローラーが表示されます。復元するファイルを選択する必要があります。

ステップ8:最後に、復元したファイルを保存する場所を選択します。

See_read_me ransomware関連の攻撃からシステムを保護するための予防のヒント

  • 一部のランサムウェアはネットワーク共有を探し、マシンに保存されているすべてのファイルを暗号化するように設計されているため、コンピューターに保存されているすべてのファイルとデータの強力なバックアップが必要です。高度な暗号化と多要素認証を備えた安全なクラウドサーバーにデータバックアップを保存することをお勧めします。
  • ランサムウェアタイプのウイルスは、多くの場合、エクスプロイトキットに依存して、システムまたはネットワークへの不正アクセスを取得します。コンピューターで古いソフトウェアや古いソフトウェアを実行すると、ソフトウェア開発者がセキュリティ更新プログラムを公開しないため、ランサムウェアのリスクがあります。放棄ウェアを削除し、製造元がサポートしているソフトウェアで置き換える。
  • ランサムウェア攻撃の背後にあるサイバー犯罪者は、元バンキング型トロイの木馬をランサムウェアの配信手段として使用しています。マルスパムに依存してシステムに感染し、ネットワークに足場を築きます。ネットワークにアクセスすると、一般的なパスワードのリストを使用して、ワームのような動作がシステムからシステムへと広がります。
  • オンラインサーフィン中は注意が必要で、不明なソースからのフリーウェアのインストールを避け、不明なメールからの添付ファイルを開かないようにし、二重に読んだ後に広告またはポップアップメッセージをクリックしてください。
  • 攻撃を受けた場合、恐喝金を払わないでください。身代金の支払いを停止することをお勧めします。FBIも同意します。サイバー犯罪者には問題がなく、ファイルを取り戻す保証はありません。恐喝金を支払うことで、ランサムウェア攻撃の仕事をしているサイバー犯罪者を示しています。