remover ConnectionFormat adware (Mac)

Guia fácil para excluir ConnectionFormat do Mac PC

ConnectionFormat é um software antivírus desonesto executado no plano de fundo do sistema Mac e cria vários tipos de problemas. Ele é projetado principalmente para infectar o sistema operacional Mac. À primeira inspeção, este aplicativo irritante parece tão legítimo e útil que afirma remover arquivos inúteis, limpar registros, verificar o sistema, eliminar os vírus detectados e também melhorar o desempenho do sistema. Mas é preciso recursos enormes de CPU e memória GPU do sistema Mac e diminuir o desempenho geral. É uma infecção altamente arriscada, por isso é necessário excluir este vírus na primeira inspeção. Se o seu sistema Mac já estiver infectado com esta infecção e você não conseguir excluir o vírus. Em seguida, siga este guia para remover o ConnectionFormat completamente do Mac PC.

Saiba mais sobre ConnectionFormat:

No entanto, o ConnectionFormat é classificado como um programa potencialmente indesejado pela equipe de pesquisadores de malware. É desenvolvido pela equipe de cibercriminosos com o objetivo principal de ganhar dinheiro ilegal através de trapaças de usuários inocentes. Ele chega ao sistema com os métodos de empacotamento e outras maneiras complicadas. É capaz de assumir o controle de todo tipo de sistema Windows como o Windows XP, Windows 7, Windows8, Windows8.1 e a última versão Windows 10. Também torna o sistema tão estranho para os usuários pela modificação da configuração interna como configuração do sistema, configuração da área de trabalho, configuração da página inicial e outras configurações importantes, etc. Portanto, os usuários são incapazes de realizar qualquer tarefa normalmente.

Além disso, o ConnectionFormat é capaz de corromper os arquivos do sistema e os registros do Windows, bem como criar arquivos duplicados com nomes semelhantes. Ele também inativa a segurança e privacidade do Sistema, desativando o firewall, gerenciador de tarefas, painel de controle e programa antivírus real. Ele também abre portas traseiras para convidar outras infecções prejudiciais como malware, spyware, adware e outras ameaças prejudiciais que causam mais danos ao seu sistema. Ele também monitora os hábitos de chaves online para coletar informações pessoais e confidenciais, como id de e-mail, senha e detalhes de contas bancárias, etc. e, posteriormente, encaminhar esses detalhes ao cibercriminoso para uso ilegal. Ele consome grandes espaços da memória do sistema para diminuir o desempenho geral e torna o PC totalmente inútil. Portanto, é altamente recomendável excluir ConnectionFormat o mais rápido possível.

Resumo da ameaça:

Nome: ConnectionFormat

Tipo de ameaça: programa potencialmente indesejado, adware, vírus Mac

Descrições: ConnectionFormat é um software antivírus desonesto executado no plano de fundo do sistema e cria vários tipos de problemas.

Métodos de distribuição: principalmente se espalha através do programa freeware de agrupamento, clicando em anúncios maliciosos, atualizando o software do sistema, compartilhando arquivos ponto a ponto e outras técnicas de engenharia social.

Processo de remoção: Para manter o PC seguro e protegido, é altamente recomendável que os usuários façam uma varredura no sistema com uma ferramenta antimalware confiável.

 Como o programa potencialmente indesejado se espalha para o Mac PC?

ConnectionFormat geralmente é instalado no sistema por meio dos métodos de empacotamento. O empacotamento é um método de marketing enganoso que é uma técnica para disseminar aplicativos e softwares maliciosos com programas freeware. A maioria dos usuários baixa e instala o programa freeware através do site não oficial. Eles também ignoram as opções personalizadas ou avançadas, bem como outras configurações semelhantes. Sem verificar as opções personalizadas ou avançadas causam a instalação de programas potencialmente indesejados. Ele também se espalha enquanto os usuários clicam em anúncios maliciosos, softwares de atualização falsos de sites de download de terceiros, como download.com, softinic.com, softinic32.com etc., compartilhando arquivos ponto a ponto em ambientes de rede ruins, como emule, Bit Torrent, clientes e assim por diante causam a instalação de programas indesejados.

Como evitar a instalação de ConnectionFormat:

Recomendamos interromper a instalação do programa freeware de uma página da Web de terceiros. Use sempre o site oficial ou confiável ao baixar e instalar programas especialmente freeware. É muito importante ler atentamente o guia de instalação até o fim. Selecione opções personalizadas ou avançadas, bem como outras configurações semelhantes. Os usuários devem evitar o clique em anúncios maliciosos, pois a maioria dos anúncios causa a infiltração de muitas infecções. Os usuários devem atualizar o Sistema a partir de fontes relevantes ou links diretos. Os usuários também devem estar atentos ao compartilhar arquivos. Use sempre dispositivos de remoção de lixo e tenha cuidado ao realizar outras atividades irritantes. Para manter o PC seguro e protegido, os usuários devem examinar o sistema com uma ferramenta antimalware confiável.

Macユーザーは無料のスキャナーで感染したシステムからConnectionFormatを駆除できるかどうかをダウンロードして確認できます

Mac OS XシステムからConnectionFormatを削除します

ConnectionFormat除去を実行する2つの可能な方法について説明します。1)手動除去と2)自動除去方法。手動プロセスは、自分のシステムを本当によく知っている人により適しています。この方法は信頼性が低く、時間がかかり、技術的なスキルが必要です。プロセス中にミスをすると、システムに大きな損傷を与える可能性があります。このような損傷を元に戻すことができない場合は、自動除去方法を使用してください。 Combo Cleanerなどの信頼できるウイルス対策ツールを使用すると、ConnectionFormatなどの悪意のあるプログラムをデバイスから簡単に検出して削除できます。このようなツールは、重複ファイルファインダー、クリーンジャンクファイル、巨大なファイルファインダー、プライバシー保護、ブラウザークリーニング、Macスピードブースターなどの他の重要なツールも提供します。便宜上、ここでは手動と自動の両方の手順を1つずつ提供します。

手動でConnectionFormatを削除する方法?

  • まず、Macのユーティリティフォルダを開きます

  • オプションのアクティビティモニターを検索してダブルクリックします

  • ConnectionFormatに関連する悪意のあるまたは疑わしいプロセスを選択し、左上隅にある十字ボタンをクリックしてタスクを終了します

  • ポップアップダイアログボックスが画面に表示されたら、[強制終了]ボタンをクリックします

コアファイルが完全に削除されない場合、ConnectionFormatはデバイスに戻ってきます。コンボクリーナーをダウンロードすることをお勧めします。これを使用すると、すべての隠しファイルを削除でき、時間と労力も節約できます。http://malware-remove.com/jp/download2

Mac OS XからConnectionFormatを自動的に削除する

  • インストールファイルをアプリケーションフォルダにドラッグして、プログラムをインストールします

  • [ウイルス対策]タブに移動し、スキャンモードを選択して、[スキャンの開始]ボタンを押します

  • ソフトウェアはすべてのファイルを検索します。 [脅威をすべて削除]ボタンをクリックするだけです

アプリケーションからConnectionFormatを削除する

  • 画面の左上にある[移動]ボタンをクリックして、[アプリケーション]を選択します
  • [アプリケーション]フォルダーが表示されるまで待ち、その上でConnectionFormatまたは他の不審なプログラムを探して、各エントリを右クリックして[ゴミ箱に入れる]を選択します

ConnectionFormat関連のファイルとフォルダーを削除する

(メニューバーから)Finderアイコンをクリックし、[移動]を選択して、[フォルダへ移動]を選択します。

ステップ1:Library / LaunchAgentsフォルダーでマルウェアが生成したファイルを確認します

フォルダに移動… / var /タイプ/ライブラリ/ LaunchAgents

このフォルダで最近追加された疑わしいファイルを探します。このようなファイルには、「installmac.AppRemoval.plist」、「myppes.download.plist」、「mykotlerino.ltvbit.plist」、「kuklorest.update.plist」などがあります。類似のファイルが見つかった場合は、ゴミ箱に移動してください。

手順2:「/ライブラリ/ Application」Supportフォルダーから不審なファイルを消去する

このフォルダに「/ライブラリ/ Application Support」と入力します

アプリケーションサポートフォルダーに、MplayerX、NicePlayer、またはその他の同様の疑わしいフォルダーが見つかる場合があります。これらのフォルダをゴミ箱に移動します。

手順3:/ Library / LaunchDaemonsフォルダーで、マルウェアによって作成された不審なファイルを確認します

[フォルダに移動…]バーに、「/ライブラリ/ LaunchDaemons」と入力します

LaunchDaemonsフォルダーで、「com.aoudad.net-preferences.plist」、「com.myppes.net-preferences.plist」、「com.kuklorest.net-preferences.plist」、「com.avickUpd」のファイルを検索します。 plist」などのファイルをゴミ箱に移動します

ステップ4:Combo Cleanerを使用してMacをスキャンする

前述のすべての手順を正しく実行した後、Macの感染を取り除く必要があります。ただし、コンボクリーナーウイルス対策を備えた電源装置に対してスキャンを実行して、これを確認する必要があります。

ダウンロード後、開いているウィンドウでcombocleaner.dmgインストーラーをダブルクリックし、アプリケーションアイコンの上部にウイルス対策ツールアイコンをドラッグアンドドロップします。その後、Launchpadを開き、Combo Cleanerアイコンを押します。コンボクリーナーは、ウイルス定義データベースの更新を開始します。プロセスが完了するまで、しばらく待つ必要があります。次に、「コンボスキャンの開始」ボタンをクリックします。

マルウェア対策ツールは、マルウェア感染がないかMacデバイスのスキャンを開始します。スキャン後、脅威が検出されない場合-駆除ガイドを続行できます。それ以外の場合は、検出された感染の駆除を実行する必要があります。

マルウェアによって生成されたファイルとフォルダーを削除した後、次に行うことは、インターネットブラウザーにインストールされている不正な拡張機能を削除することです。

インターネットブラウザからConnectionFormatを削除する

不審なSafari拡張機能を削除する手順:

メニューバーからSafariを開き、[Safari]を選択して[設定]をクリックします

設定ウィンドウで拡張機能を選択し、最近インストールされた疑わしい拡張機能を検索します。そのような拡張機能が見つかった場合は、それらの横にあるアンインストールボタンをクリックします。

通常、ユーザーはこれらの拡張機能をすべて削除できます。ただし、ブラウザのリダイレクトや不要な広告に問題がある場合は、「Safariをリセットする」ことをお勧めします。リセット機能は、ブラウザーのハイジャッカーやアドウェアに関連するさまざまな問題を修正できます。また、ブラウザをリセットしても、ブックマークや開いているタブなどの重要な情報が削除されるわけではありません。手順を使用して、拡張機能、テーマ、検索エンジン、セキュリティ設定、プラグイン設定、ツールバーのカスタマイズ、ユーザースタイル、その他の設定をリセットします。これらのステップを実行するためのステップバイステップの説明は次のとおりです。

Safariのメインメニューを開き、ドロップダウンメニューから[設定]を選択します

「拡張機能」タブに移動し、拡張機能スライダーをオフにして、Safariブラウザーにインストールされているすべての拡張機能を無効にします。

次のステップはホームページをチェックすることです。設定オプションに移動し、[全般]タブを選択します。ホームページのオプションをデフォルトに変更します

検索エンジンも変更された場合は、デフォルトまたは他のWebサーチャーを選択に応じて設定できます。これを行うには、設定ウィンドウに移動し、[検索]タブを選択して、目的の検索エンジンプロバイダーを選択します。

次に、ブラウザのキャッシュをクリアする必要があります。これを行うには、設定ウィンドウに移動し、[詳細設定]タブを選択して、メニューバーの[開発]メニューをクリックします

次に、[開発]メニューから[空のキャッシュ]を選択します。

その後、ウェブサイトのデータと閲覧履歴を削除します。 Safariメニューに移動し、履歴とウェブサイトのデータを消去を選択します。すべての履歴を選択し、[履歴のクリア]をクリックします。

Mozilla Firefoxから悪意のあるプラグインを削除するためのガイド:

Mozilla Firefoxを開き、画面の右上隅にあるメニューをクリックします。開いたメニューから、アドオンを選択します

最近追加された疑わしいアドオンがある場合は、[拡張]タブを選択し、その横にある[削除]ボタンをクリックします。すべての拡張機能を安全にアンインストールできますが、問題が発生した場合は、Mozilla Firefoxをリセットすることをお勧めします。

  • Mozilla Firefoxを開き、Firefoxボタン(メインウィンドウの左上隅)をクリックします。

  • このメニューで、ヘルプサブメニューを探し、トラブルシューティング情報を選択します

  • この情報ページで、[Firefoxをリセット]ボタンをクリックします

  • 開いているWindowsでは、[Firefoxをリセット]ボタンをクリックして、設定をデフォルトにリセットできます。

  • Mozilla Firefoxが再起動し、設定がデフォルトに設定されます

Chromeブラウザから悪意のある拡張機能を削除する手順:

Chromeブラウザを開き、Chromeメニューをクリックします。ドロップダウンメニューで、[その他のツール]、[拡張機能]の順に選択します。

拡張機能ウィンドウで、最近追加された悪意のあるアドオンを探してゴミ箱に移動すると、そのような拡張機能が見つかります。 Google Chromeブラウザからすべての拡張機能を安全にインストールできることに注意してください。ただし、ブラウザのリダイレクトと広告に問題がある場合は、Google Chromeをリセットしてください。ブラウザをリセットし、拡張機能を無効にして、デフォルトの検索エンジン、ホームページ、起動タブを設定するには、次の手順に従います。

  • Google Chromeを開き、ページの右上隅にあるバーアイコンをクリックします

  • 設定ページで、下にスクロールして[詳細設定を表示]を見つけます

  • [ブラウザの設定をリセット]オプションを検索してクリックします

  • 開いたページの[リセット]ボタンをクリックします

  • Google Chromeを再起動して変更を有効にします

Macユーザーは無料のスキャナーで感染したシステムからConnectionFormatを駆除できるかどうかをダウンロードして確認できます

Macをマルウェアから保護する

Mac OSには、悪意のあるソフトウェアやマルウェアからデバイスと個人情報を保護するのに役立つ多くの機能があります。マルウェアが配布される一般的な方法の1つは、通常のアプリにマルウェアを埋め込むことです。信頼できるソースからのソフトウェアのみを使用して、このリスクを軽減できます。セキュリティとプライバシーの設定では、デバイスにインストールされているソフトウェアのソースを指定できます。これに加えて、他の種類のマルウェアは安全ではない可能性があります。これらは、WebアーカイブとJavaアーカイブの可能性があります。もちろん、このようなすべてのファイルが安全であるとは限りませんが、そのようなダウンロードされたファイルを開くときは注意が必要です。それらを最初に開こうとすると、疑わしい何かを示すアラートが表示されます。デバイスにいくつかのウイルス対策ツールをインストールしておくことも、システムのセキュリティを実現するのに役立ちます。