MsStoreアプリをWindows10パッケージマネージャーでインストールできるようになりました

Microsoftからリリースされた新しいバージョンのWindows 10 WinGetパッケージマネージャーは、Microsoftストアからアプリケーションをインストールする機能と共に実験的な機能を追加できます。

WinGetパッケージマネージャーは、実際には2020年5月のMS Build開発者会議中に会社からリリースされました。これを使用して、ユーザーはCMD(コマンドライン)を使用して自分のマシンにアプリケーションをインストールできます。

つまり、ユーザーはリリースされたこのアプリケーションを使用して、WinGet設定を遅らせることでさまざまな実験的機能を有効にすることができます。そのためには、「winget設定」コマンドを実行する必要があります。コマンドを実行すると、任意のテキストエディタを使用してJSONファイルを開くようにというメッセージが表示されます。

機能を有効にする場合は、次のコードをコピーして設定に貼り付けてください。

{
//これらの設定に関するドキュメントについては、https://aka.ms/winget-settingsを参照してください。
//「ソース」:{
// "autoUpdateIntervalInMinutes":5
//}、
"ビジュアル":{
"progressBar": "rainbow"
}、

"experimentalFeatures":{
"experimentalCmd":true、
"experimentalArg":true、
"experimentalMSStore":true
}
}

「experimentalMSStore」オプションを追加して構成ファイルを保存すると、WinGetは「msstore」という新しいリポジトリをインストールまたは追加し、「winget source list」コマンドを使用します。

新しい「msstore」リポジトリには、プログラミング、ネットワーキングなど、Microsoft Storeから直接インストールできるさまざまなジャンルの多数のアプリケーションがあります。

そのようなアプリをマシンにインストールする必要がある場合は、「winget install」コマンドを実行してください。

Msstoreリポジトリからアプリケーションを追加している間、アプリケーションはMicrosoft Storeにも直接表示され、通常の条件で更新が提供されます。

ただし、Microsoftはアプリのアンインストールについて話している間、WinGetを使用してマシンにインストールされているプログラムをアンインストールまたはアップグレードする機能をまだ追加していません。これは、パッケージマネージャーが実稼働環境で有用なオプションと見なされるために基本的に必要です。

Microsoftの関係者によると、彼らは実際には現在これらの2つのコマンドと、ユーザーがパッケージのリストをエクスポートして新しいシステムにインポートできるインポート/エクスポート機能に焦点を当てています。

MicrosoftはPowerShellオートコンプリートも追加しました

上記のように新しく追加された機能に加えて、MicrosoftはPowerShell Autocompleteオプションも追加します。

上記のこの記事で説明した構成ファイルを使用した場合は、WinGetを有効にしている可能性がありますが、機能を正しく使用するには、PowerShellプロファイルも作成する必要があります。

プロファイルの作成方法については、こちらのリンクをクリックしてください

マシンでのプロファイルの作成が完了したら、以下に示すキーボードシーケンスを使用して構成済みの設定をテストできます。

winget [space] [tab] [space] pow [tab] [space] -v [space] [tab] [tab] [tab]

つまり、Windows Insiderの場合は、前述の機能を今すぐ試してみることができます。それ以外の場合は、Githubの公式ページにアクセスして機能を直接インストールできます。