LinkedInがクリップボードからユーザーデータをコピーしているのを発見

レポートによると、Linkedinも同様に捕捉されて、クリップボードからユーザーのデータをコピーすることについて多くの企業が話し合っています。

レポートによると、iOS向けのLinkedInアプリは、同じiCloudアカウントに接続されているiPhoneやその他のデバイスのデータをコピーしていることが判明しています。そして発見の功績は、先週の木曜日にその行動を発見し、彼の発見をTwitterで共有したDon Mortonという名前のUrspace開発者に送られ、ZDNetも同じようにフォローアップしました。この後、LinkedInの関係者は、この動作は実際にはバグであり、意図的なものではないと述べた。また、同社はiOSアプリの新しいバージョンをリリースしましたが、問題はなくなったようです。

前述の問題のクリップボードのコピーは、実際に多くのユーザーを不満に導いており、ソーシャルメディアを通じて自分の気持ちを共有しました。コピー行動という用語は、この用語が過去にいくつかの見出しで見つかったときに実際に話題になりました。非常に人気のあるTiktokというソーシャルビデオ共有アプリでさえ、最近クリップボードデータをチェックしていることがわかりました。

ただし、LinkedinのiOSアプリでのクリップボードのコピー動作に関するレポートはベータ版で発見されました。 iOSデバイスの新しいアップデートと今後のアップデートには、実際に新しく追加された機能があり、アプリがクリップボードのコンテンツを読み取ろうとすると、OSの画面にポップアップが表示されます。これが、クリップボードのデータをチェックしてコピーする多くのアプリケーションが見つかった理由です。

さらに、コピーされたデータは、同じicloudアカウントに接続されているすべてのデバイスで同期されているように見えます。発見者のモートン氏は、アプリがMacbookからデータをコピーし、インストールされたLinkedInがiPadにあったと述べています。

LinkedInの担当者が詳細をクリアし、動作はバグであると述べたことに加えて、Linkedinのコンシューマー製品担当バイスプレジデントのErran Bergerでさえ、この問題についてTwitterで議論しました。 「私たちはこれを、クリップボードの内容とテキストボックスに現在入力されているコンテンツとの間の等価性チェックのみを行うコードパスまでたどりました。」と彼は付け加えます。「クリップボードの内容は保存または送信しません。」

ただし、発見者は7月4日の後半にも意見を共有し、LinkedIn iOSアプリの新バージョンにより、コピー動作を引き起こしたコードが削除されたと述べました。