Bonobo WS:System76が発表した最も強力なLinuxラップトップ

人気の高いLinuxベースのPCベンダーであるSsytem76は最近、ハイエンド仕様のBonobo WSという名前の新しいラップトップを発表しました。それは非常に強力で、オープンソースのコンポーネントを持っているようです。

システムには、4Kビデオを再生するために、基本的に17.3インチディスプレイと1080または4kマットディスプレイが含まれています。また、ラグのない高解像度のゲームもプレイできます。さらに、Bonobo WSには第10世代Intel Core Desktopプロセッサーも搭載されています。

機能の詳細について言えば、4kディスプレイは、高出力のNVIDIA GeForce RTX 20 Super GPUシリーズが含まれているため、上部に配置できます。ユーザーは、1920 CUDAコアを搭載した6 GB RTX 2060から3072 CUDAコアを搭載した8 GB RTX 2080まで利用できます。

パフォーマンスと操作の形であなたを支援することになると、それは128GBまで拡張できる最小16GB DDR4クアッドチャネルRAMが付属しています。これに加えて、デバイスには、140GB〜24TBの最小サイズの機能を持つM.2 NVMe SSDストレージデバイスも含まれます。

このラップトップの最高の過去は、社内のCorebootベースのSystem76オープンファームウェアです。また、このデバイスはSystem76組み込みコントローラーファームウェアを提供して、キーボード、ファン、バッテリーなどの重要な機能を制御します。

接続機能について言えば、BonoboはThunderbolt 3をサポートする1​​つのUSB 3.2 Gen 2×2、3つのUSB 3.2 Gen 2 Type A、MicroSDカードリーダー、ギガビットイーサネット、IntelデュアルバンドWi-Fi 6 AX、Bluetooth、1 HDMI、2 Miniを提供しますUSB 3.2 Gen 2 Type-Cを介したディスプレイポートと1つのディスプレイポート。

そしてついに、ユーザーは社内のPop!_OS 20.04 LTS(64ビット)またはUbuntu 20.04 LTS(64ビット)オペレーティングシステムのいずれかでBonoboを使用するオプションを取得します。

価格について言えば、最小構成は2399ドルの価格で入手可能であり、オンデマンドでさらに追加の仕様を追加して拡張することもできます。