後で送信機能を使用してOutlook.comでメールをスケジュールする

レポートによると、Web上のMicrosoft Outlook.comユーザーは、後日電子メールをスケジュールすることにより、個々のメッセージの配信を遅延させることができます。 Microsoft Corporation(American Multinational Company)は、Web上のOutlook.comに「後で送信」機能を追加しました。気付いていない人のために、MicrosoftはすでにOutlook Desktopにこの機能を追加しています。これにより、ユーザーはメールをスケジュールして後で送信することができます。

したがって、Web上のMicrosoft Outlookでメールをスケジュールする場合は、MicrosoftからリリースされたOutlook.comの新機能「後で送信」を使用して簡単にスケジュールを設定できるようになりました。 Outlook.comでメールをスケジュールする手順に進みましょう。

Outlook.comまたはOutlook on webでメールをスケジュールする方法メールを後日スケジュールする

ステップ1:コンピューター/モバイルでWebブラウザーを開く

ステップ2:Outlook.com Webサイトにアクセスし、Outlookアカウントにログインします

ステップ3:次に、メッセージ、ハイパーリンク、添付ファイルを含むメールを作成し、メールに追加します

手順4:メールを送信する前に、[送信]の横にあるドロップダウン矢印をクリックし、[後で送信]オプションを選択します

ステップ5:画面にカレンダーが表示されます。メールを送信する日付と時刻をカレンダーから選択し、[送信]ボタンをクリックします

ステップ6:このメールは送信の準備ができるまで「下書きフォルダ」に保存されます

Outlook.comまたはOutlook on webでスケジュールされたメールをキャンセルまたは変更するにはどうすればよいですか?

ステップ1:「ステップ1からステップ2」に従って、Web上のOutlookアカウントにログインします。

ステップ2:次に、「下書きフォルダ」に移動し、スケジュールされたメールを見つけます

ステップ3:クリックして開きます

ステップ4:スケジュールされたメールを変更する場合は、メールの右上隅にある「鉛筆」アイコンをクリックします。予定していたメールをキャンセルしたい場合は、「鉛筆」アイコンの横にある「送信キャンセル」ボタンをクリックしてください。また、メールの送信予定日も表示されます。

「Outlook.comでメールをスケジュールする方法」に関して提案や質問がある場合は、下のコメントボックスに書き込んでください。