マイクロソフトは2020年1月までにAdobe Flash Playerサポートを終了

adobe

マイクロソフトは、2021年1月までにWebブラウザーでのAdobe Flash Playerサポートを最終的に完了すると述べており、2017年7月にApple、Adobe、Facebook、Google、およびMozillaと共同で発表したことを確認しています。

レポートによると、Adobeは、2020年以降、Flash Playerは更新および配布されなくなると述べています。この決定は、Flash Playerをまだ使用している人の数が減少していること、および以下のようなより安全でパフォーマンスの高いオープンテクノHTML5、WebGL、およびWeb会議。

計画によると、Microsoftは2020年末にMicrosoft Edge、Microsoft Edge Legacy、およびInternet Explorer 11でのAdobe Flash Playerのサポートを終了します。

2021年1月以降、デフォルトで無効になっています。

  • 2020年以降、Microsoftから、Microsoft Edge LegacyおよびInternet Explorer 11に適用される「Adobe Flash Playerのセキュリティアップデート」を受信できなくなります。
  • 2021年1月の初めに、Adobe Flash Playerはデフォルトで無効になり、2020年6月にリリースされたkB4561600より古いバージョンはすべてブロックされます。
  • 2020年末に、同社はWindows Update、WSUS、およびMicrosoft Updateカタログを介してAdobe Flash Playerを削除するためのアップデートを開始します。これにより、すべてのWindowsシステムからFlashが完全かつ永久に削除されます。
  • 正式なサポート終了前にFlashサポートを削除したいお客様は、アップデートカタログからアップデートをダウンロードしてシステムで実行した後、アップデートを使用できます。
  • ユーザーがコンピューターに展開された更新プログラムをアンインストールすることはできません。最初は、2021年の初めにはオプションであり、Microsoftは次の月に更新プログラムの推奨を開始します。
  • 2021年の夏の間、累積的な更新プログラムまたは月例のロールアップ更新プログラムとしてまだインストールしていないユーザーに、更新プログラムのロールアウトが開始されます。
  • マイクロソフトは、Flashのサポートが終了すると、すべてのダウンロードプラットフォームからFlash関連のダウンロード可能なリソースも削除します。