マイクロソフトは、Windows Insider Beta ChannelでWindows 10 20H2をテストしています

2020年6月16日、Microsoft(American Multinational Company)はWindows 10の次のバージョンとしてWindows 10バージョン20H2を発表しました。同社は現在、この新しいバージョンをWindows Insider Beta Channelでテストしており、間もなくリリースされます。ご存じない方のために、Windowsバージョン20H2リリースはWindowsの累積的な更新プログラムとして提供されます。つまり、更新プログラムのダウンロードが大きくなく、インストールに数回しかかかりません。

現時点では、MicrosoftはWindowsバージョン20H2リリースに含まれる新機能や改善点の詳細を共有していませんが、既存の機能にいくつかの興味深い改善が加えられた新しいバージョンがリリースされることを期待できます。一方、Microsoftは、このリリース以降、年月バージョンの形式から移行することも説明しています。

以前の形式について話すとき、マイクロソフトはWindows 10バージョンのコードネームをWindows 10 2004のように月と年で使用していました。Windows10の最新バージョンはバージョン2004でした。現在、Microsoftは年を保持していますが、月をH1に置き換えていますまたはH2インジケータ。ここで、H1とH2はWindows 10の1回目と2回目の更新を示します。これは、Windows InsiderがWindows 10の次期バージョンで「コードネーム」を使用している形式です。

Windowsのバージョン20H2は、リリース時期に応じて「2020年10月のアップデート」または「2020年11月のアップデート」と呼ばれることが予想されます。現時点では、「Windowsバージョン20H2のリリース」を待たなければなりませんが、ベータチャネル(以前のスローリング)でWindows 10ビルド19042.330の名前で次のバージョンのテストを開始できます。このWindowsバージョン20H2のプレビューには、ChromiumバージョンのMicrosoft Edgeとバグ修正が含まれています。

私たちはこの問題について非常に深く調査しており、もしそれが将来来た場合には、更新については反抗的に投稿します。ご意見やご質問がございましたら、下のコメント欄にご記入ください。