マイクロソフト、Windowsターミナルプレビュー1.1をリリース

マイクロソフトがリリースしたWindowsターミナルプレビュー1.1には、スタートアップの起動と新しいコマンドライン引数のファイルエクスプローラー、およびスタートアップの起動と新しいコマンドライン引数のその他のさまざまな機能、設定、変更が含まれています。

MicrosoftのWindowsターミナルは、2019年5月にこのWindowsターミナルを発表し、2019年6月にMicrosoftストアで最初のプレビューを公開しました。

新しいWindowsターミナルv1.1.1671.0ビルドでは、Windowsファイルエクスプローラーでフォルダーを右クリックして、新しいウィンドウを起動できます。新機能は、Windowsターミナルで開く、Windowsコマンドプロンプト、Windows PowerShellコマンド、Windowsサブシステムのサポートです。 LinuxとSSHを同じWindowsコンソールで使用します。 WindowsターミナルプログラムマネージャーのKayloa Cinnamon氏は、

「これにより、ファイルエクスプローラから選択したディレクトリのデフォルトプロファイルでWindowsターミナルが起動します」

新機能では、アプリを全画面表示または最大化して起動することもできます。また、startOnUserLoginを追加した後、Windows起動時に自動的に起動するように設定することもできます。 “:アプリのグローバル設定にtrueを設定します。

Windowsターミナルの新しいバージョンには、「フォントウェイトサポート」も含まれており、ペインを開いて、最長の長さで自動分割ビューを開くことができます。

「コマンドラインからwtを呼び出すときに引数として使用する追加のコマンドをいくつか追加しました。最初のコマンドは–maximized、-Mで、Windowsターミナルを最大化して起動します。2番目のコマンドは–fullscreen、-Fで、Windowsを起動します。全画面としてのターミナル。これらの2つのコマンドを組み合わせることはできません。「最後は–titleで、Windowsターミナルを起動する前にタブのタイトルをカスタマイズできます。これは、tabTitleプロファイル設定と同じように動作します。最後は–titleで、Windowsターミナルを起動する前にタブのタイトルをカスタマイズできます。これはtabTitleプロファイル設定と同じように動作します」とシナモンは言いました。

 Windowsターミナルプレビュー1.1では、名前の変更オプションを備えたタブカラーピッカーも追加されています。これのグローバル設定に「tabWidthMode」:「compact」を追加します。

バグの修正

  • カーソルがテキスト中に見えなくなることがなくなりました。ただし、カーソルと同じ色のテキストは使用しないでください。
  • コピーしたテキストをファイルエクスプローラーの[アドレスをコピー]オプションに貼り付けることができるようになりました
  • タブにはタイトルが付いているので、復讐心をそそられることはありません
  • Windowsターミナルは、最終的にすべてのタブスクリプトを画面の上部に配置します。
  • 他のGDIハンドルを追跡するときにサイズ変更されるWindowsの問題に対処

公演

  • til :: bitmap :: translateへの高速パス
  • TermControlのスクロールバーの更新が8ミリ秒に1回に制限される
  • DXGI 1.3 GetFrameLatencyWaitableObjectで待ち時間を短縮する
  • テキストが単純な場合は、グリフ整形分析をスキップします