マイクロソフト、ワープロに類似性チェッカー機能を追加

マイクロソフトによる最近の発表によると、「Microsoft Word」は、AIを利用したMicrosoft Editor Writing仮想アシスタントにバンドルされた類似性チェックツールとともにまもなく利用可能になります。

Microsoft Wordの類似性チェッカー機能は、Microsoft 356 EDU A3およびA5の顧客の実行中のオフィスプレビュービルドですでにテストされている可能性があります。現在、同社はこの機能を展開し、すべてのMicrosoft 356ユーザーが利用できるようにすることを決定しています。

この機能は2010年7月から教育機関のお客様にご利用いただけるようになる予定ですが、消費者および企業は来年もこの機能を利用する必要があります。現在、サポートされている言語は英語のみです。ただし、他の言語は、今年中にいつでも追加される可能性があります。

Microsoft Educationの主要製品マネージャーであるMike Tholfsen氏は次のように述べています。

「Bing Searchを利用して、類似性チェッカーは文章にオリジナリティのあるライターを特定および支援し、関連する引用の簡単な挿入を容易にするツールを通じて適切な属性についてさらに学ぶことができます。コンテンツの詳細。」

Microsoft Wordの類似性チェッカー機能を使用すると、ツールがオンラインソースとの類似性を識別したときに、マウスを数回クリックするだけで、MLA、APA、シカゴの間で異なるスタイルの引用を追加できます。 Wordはこれをテキストの一節の直後に追加します。テストは引用符で囲むことができますが、ユーザーはそれらを削除するオプションが提供されます。

類似性チェッカーツールの内部動作の詳細については、Microsoft Editorを使用する必要があります。 Microsoft Editorは新しく追加されたMicrosoft 365ライティング仮想アシスタントで、ユーザーにスペルと基本的な文法の修正と改良、および20を超える言語でのライティングのインパクトを高めるためのリライティングの提案を提供します。

ユーザーは、Word、Outlook.com、およびWeb全体で、Google ChromeおよびMicrosoft Edgeの標準のブラウザー拡張機能としてこの機能にアクセスできます。